年代問わずに増える逆流性食道炎の危険│症状と対策方法

ナース

食道がんを早期発見しよう

女医

僅かな症状を見逃さないようにしよう

がんにも種類があって、色々ながんがあります。中には自覚症状が分かり辛いがんも多く、食道がんは初期の段階では症状が非常に現れにくく、半数以上の人が無症状です。しかし食道は外からの接触を受ける身体の内部の一つです。悪化してから気づく事も多いですが、他のご飯を食べる時物を飲み込むときに必ず通る器官ですから、他の内臓器官よりも症状がでやすいところです。そのため、注意深く観察してみるとわずかな症状に気づくことができるケースもあります。

食道がんの危険性のある主な症状

食道がんは症状が出にくいがんの一つですが、食べ物を飲み込もうとするとつかえてしまったり、飲み込めず吐き出してしまったりすることがあります。他にも、胸やけや痛みを感じるようになる場合があります。他にも、咳や痰が出るといった症状も挙げられます。風邪などの体調不良などでもよくある症状ですが、念のためにと受けた人間ドックなどの内視鏡検査で偶然に発見されるパターンが多いです。早期発見ができれば治る可能性も高いですが、末期になると食道が狭窄して水分や唾液を飲み込むのも難しくなってきてしまいます。また、末期になってしまうと、食道の周囲や遠く離れた臓器などにもがんが転移してしまい、転移がんとなってしまう危険性があります。がんは転移をすることで複数の部位の性質を持つようになり、発見が遅れれば送れるほど治療が難しくなってしまう病気です。日常の細やかな変化でも気をつけるようにしましょう。