年代問わずに増える逆流性食道炎の危険│症状と対策方法

ナース

新たながん免疫治療とは

医者と看護師

がん治療方法の歴史と今後について

一般的にがん治療といっても、治療法はいくつもあります。大きく分けると外貨手術、放射線療法、科学治療に分けられます。通常は手術しても改善されなければ抗がん剤や放射線治療に切り替えられることが多い。この3つの方法以外にも以前からあったが、一定の効果を挙げられていない治療方法として、これとは別に免疫治療という方法があります。しかし、最近ではこの他の治療方法より負担が少ない免疫治療が注目を浴び始めています。

最も新しいがん免疫治療│ANK療法とは

もともと身体にある細胞を使ってがん細胞を倒すといったことが目的とされる免疫治療方でしたが、今までは一定の効果をあげることができませんでした。しかしながら、最近になってこの自身の細胞を活性化する方法が確立されたため、再び期待されている治療方法となります。身体には元々がん細胞を倒せるNK細胞が居るのですが、このNK細胞はがん細胞が入ってきた時点でがん細胞の天敵となるため、がん細胞がNK細胞を眠らせてしまいます。また、NK細胞は加齢などでも減少してしまいます。このNK細胞を採血によって体内から出し、培養して血液中のNK細胞を活性化させて増やします。その後に天敵によって体内に戻すことを繰り返すことにより、身体の中にNK細胞を循環させるようにしてがん細胞を倒すことができるようになります。他の医療方法に比べて副作用など一過性のもののため、また患者自体が効果を実感しやすいこともあって取り入れられる病院も増えてきました。