年代問わずに増える逆流性食道炎の危険│症状と対策方法

ドクターと看護師
医者と看護師

新たながん免疫治療とは

今まで色々ながん治療の方法が確立され、試されてきましたが、がんが完全に治ると確実にいえる治療方法はありませんでした。そんな中、免疫治療の新しい治療法であるANK療法が注目を集めています。

女医

食道がんを早期発見しよう

がんという種類が多い病気の一つ、食道がんについてご案内します。がんは自覚症状があまりなく分かり辛い事もあるため、身体に異変を感じたら定期的に検診を受けるなどをして、早期発見できるように心がけることが大切です。

診断

自身にあった内科の探し方

城東区で自身の症状にあった内科を探すことができるよう、インターネットを利用して内科を探す際の注意事項やポイントを紹介します。内科を探す際の参考にしてはいかがでしょうか。

逆流性食道炎の症状と対法

男性

逆流性食道炎とはどういう病気か

普段の日常生活で、ご飯を食べた直後に吐き気を催してしまうことなどはないでしょうか。その場合、逆流性食道炎である可能性が高いです。この逆流性食道炎は生活習慣の悪化で引き起こされる病気の一つで、胃酸の分泌が多すぎることによって発生してしまいます。
たとえば脂肪分が多い食生活をしている場合や、暴飲暴食や早食いなども胃を刺激してしまいます。胃を刺激することによって胃酸が過剰に分泌されてしまうことによって食道に上がってきた胃酸が食道を荒らし、吐き気につながってしまいます。

逆流性食道炎の診療と自身でできる対策

逆流性食道炎の危険性を感じて病気に行く際、どこで診てもらえばいいか悩む人も多いでしょう。逆流性食道炎は内科でも診てもらうことはできますが、詳細な検査の場合は消化器外科(胃腸科)で検診が必要となります。消化器外科は食べたものを消化したり排泄したりする消化器に病気が起きた際に手術で治療をする診療科となります。また、逆流性食道炎について自身で行える対策としては、まず食生活を改善することが重要な対策になります。胃酸は洋食などの食事や油物などの脂肪分が多い食事を控え、和食などの脂肪分が控えめな料理を中心に食生活を送ることが対策の一つです。他にも、ストレスから胃酸が過剰分泌されてしまうこともあるため、日常生活においてストレスを溜めないように対策したり、溜めても発散したりすることを心掛けるのも対策としては効果的でしょう。